負ける建築の可能性

そうです。隈研吾さんです。

駒場祭での特別講演会でお話を聞きました。

SHARPのCMで有名な’竹の家’(竹の節をくり貫いてコンクリートを流してるらしいです。)、

丹下健三さんのおっしゃった’才能とは粘りである’、

反中心主義という言葉も印象に残っています。

大変勉強になりました。

外のステージではカラテカの入江さんが単語の書かれた画用紙を手に、

その単語が合コンではどんな意味で使われるのかを説明をしていました。

4時の樹海(トイレに行ったまま帰ってこない)

3D(目が飛び出る程高い会計)

モンスターハンター(ブスをお持ち帰り)

こちらも大変勉強になりました。

一つの事に10000時間費やすと良いと聞きます。

日々勉強ですね。