谷文晁

生誕250周年、谷文晁展。

行って良かったです。ぶっ飛びました。

展示もとても見やすかったです。

 

谷文晁は江戸後期の関東画壇で中心的役割を担った絵師だそうです。

 

『仏涅槃図』『水墨山水図屏風』『風竹図屏風』『石山寺縁起絵巻』

図藁など貴重な資料も勉強になりました。

 

 

画塾写山楼で文晁は弟子たちにこう教えていたそうです。

 

まず古画の模写、次に形象を極め,最後にその写生を超越した個人様式を完成するよう指導した。

 

肖像画を描くときにはことごとく似せてはいけない。似せると命を失う事がある。

 

 

 最後に音声ガイドから流れる言葉に僕もそうありたいと思った。

 

「絵を愛し,仲間を愛し、江戸の人々に愛された絵師、谷文晁。」

 

『富嶽図屏風』の富士山頂部分を眺めながら画塾写山楼からの眺めを想った。